社員インタビュー

全員が同じ方向を向いて仕事ができる環境を作りたい。

事業計画

片岡洋介

経営企画室
2006年新卒入社。1年目は経理部で決算処理を学び、2年目より経営企画室へ異動。そこから一貫して事業計画に携わる。

目標達成に向けた、ロードマップを描く。


私は静岡県富士宮市出身であり、昔から当社の技術力や製品力の評判は耳にしていました。自動車関連のエンジニアである父の薦めもあり、当社へ入社。入社2年目から現在に至るまで事業計画の作成に携わっています。経営目標を達成するためのロードマップを描き、そこに各部門を紐付けて具体的な目標を作成するのが主な仕事です。3年ごとの中長期目標を基に、単年の目標、半期の目標へと落とし込んでいきます。そして、目標達成に向けた各部門のアクションプランも策定。計画だけが独り歩きしないように、各部門長と連携を取りながら、“現場”から全体を見渡すことも大切です。また、売上状況によっては、目標を修正したり、施策を改善したりすることも行っています。

会社の“舵取り”に関われる。責任もやりがいも大きい。


仕事のやりがいは、会社の“舵取り”に関われること。経理部の大半は、決算処理など事後の集約を行う業務が多い中、私は会社の未来に関わるプランニングや資料作成を行っています。責任は大きいですが、その分やりがいも大きいです。そして、大変な時も決して悲観的にならず、楽しく働くことを心掛けています。仕事の立場上、各部門に大きなミッションを課さなければなりません。でもだからこそ、みんなが楽しく働ける環境を自ら率先して作っていきたい。楽しく仕事ができれば、個人のパフォーマンスは上がり、結果として会社の利益に繋がる。居心地良く、切磋琢磨できる環境を目指しています。

将来的には、海外拠点の事業計画に関わりたい。

私は元々内気な性格だったので、先輩たちにかなり助けられました。コミュニケーションが取りやすい環境が、私の性格を変えてくれたように思います。その恩返しではないですが、会社をより良くしたい気持ちが強いです。現状、経営層と現場レベルでは目標の立て方に少なからずズレがあります。そこを一気通貫させて、全員が同じ方向を向いて仕事ができる環境を作りたいです。一方的に理想を押し付けるのではなく、ボトムアップを強化して、現場主導で変えていきたいと考えています。また将来的には海外へ赴任して、海外拠点の事業計画に携わるのが目標です。今よりも高い視点で数字を分析して、拠点の経営にメスを入れられる人材になりたいですね。

他の社員インタビュー